不動車買取の基礎知識!買取に出す際の流れや買取額アップのコツなどを徹底解説!

不動車の買取は1つの業者だけで判断をするのではなく、最低でも3社程度から見積もりを取って比較検討することが基本です。
大半の車は自走不能のため、契約後に業者がレッカー車などで移動させなくてはいけません。
査定額が高くてもレッカー車の移動費用などを差し引かれると最終的に手元に入る金額が少なくなります。
定期的に行われるキャンペーン期間中のタイミングやアフターサービスが充実した所を選ぶことも大事なポイントです。

目次
  1. 不動車買取の基礎知識!買取に出す際の流れや買取額アップのコツなどを徹底解説!
    1. なぜ不動車が売れる?買取業者が利益を出す仕組みとは?
    2. 不動車は放置せずに早めに買取に出すのがおすすめ
    3. 不動車を買取に出す際の一連の流れ
    4. 不動車を買取に出す際に必要な書類
    5. 不動車の買取額をアップさせるコツ|複数業者に査定を依頼する
    6. 不動車の買取額をアップさせるコツ|プラス材料を積極的にアピールする
    7. 不動車の買取額をアップさせるコツ|可能な範囲でメンテナンスを実施しておく
    8. 不動車買取時の注意点|レッカー費用の有無は必ずチェック!
    9. 不動車買取時の注意点|査定前に無理に動かそうとしない
    10. 不動車買取時の注意点|売却した車の処理方法を確認しておく
    11. 不動車買取時の注意点|査定時に嘘をつかない
    12. 不動車を買取に出した際の還付金について
    13. 自分以外が名義人の不動車は買取に出せる?
    14. 不動車買取でのトラブルを回避する方法
    15. 不動車の買取を利用する際には様々な落とし穴があることに注意
    16. 不動車を買取してもらうときの流れと注意点
    17. お得に不動車の買取をするなら業者選択が重要
    18. 不動車っを買取するときの流れと注意点について知る
    19. 買取業者に不動車を放置せずに売却することが出来る

不動車買取の基礎知識!買取に出す際の流れや買取額アップのコツなどを徹底解説!

エンジントラブルなどで動かなくなった不動車を買取に出す場合に最初に行うのが業者選びです。
どこも同じと間違った基礎知識を持っている人もいますが、買取は自社の基準に基づいて行われるため金額に違いが出ます。
最低でも3社程度から見積もりを取って比較検討をすることが高値での買取を実現するコツです。
査定額に納得が行ったら必要な書類を業者に渡して代金を受け取り契約完了となります。
不動車は大半が自走不可能なので、レッカー車の費用など余計な出費が掛からない業者を選ぶのも大事なポイントです。

なぜ不動車が売れる?買取業者が利益を出す仕組みとは?

不動車とは、故障や車検切れなどの理由から、公道を走行できない状態となった車両のことを指します。
車としての価値が失われた状態なので、一般的な買取業者やディーラーなどでは買い取ってくれません。
しかし、中には不動車であっても買い取ってくれる業者も存在します。
走行できなくなった車両なのに、なぜ売却できるのか不審に思う方も多いかと思いますが、たとえ動かなくなった車であっても修理をすれば再販できるケースもあります。
また、パーツを取り出して再利用できることもありますし、修理やパーツの再利用ができない場合でも金属としての価値はあるので、解体したスクラップを売却することも可能です。
このように、公道を走行できなくなった車両でも、利益を生み出す仕組みがあるため、不動車でも買い取ってくれる業者があるのですが、再販できずに廃車にする場合でも手数料が無料の業者も少なくありません。
一般的に、廃車の手続きには運搬や解体、陸運局での手続きなどに費用が発生しますが、これらの費用は買取業者に持ち込むことで無料になる可能性があります。
ただし、業者によっては自走できない車両や水没車などは買い取ってくれないこともあるので注意が必要です。

不動車は放置せずに早めに買取に出すのがおすすめ

故障や事故などにより愛車が不動車になってしまった場合、放置せずに早めに買取に出すのがおすすめです。
手続きが面倒に感じる方もいるかもしれませんが、動かない車でも法的には走行できる車と同じように扱われるため自動車税や自動車重量税が課されます。
たとえ運転できない車であっても、廃車にして永久登録抹消の手続きを行わない限りは納税の義務は消えません。
また、自動車税は1年分、自動車重量税は2年分を前払いしますが、未経過期間が残った状態で廃車手続きを済ませれば未経過期間分の税金は還付されます。
動かない車に対して税金を納めるのは無駄でしかありませんが、駐車場を借りている場合は駐車場代もかかってくるので、放置すればするほど無駄な費用を支払うことになります。
加えて、不動車を自宅とは離れた場所に置いておくと、いたずらや車上荒らしの被害に遭う恐れもあるので、不動車になってしまった愛車は一刻も早く売却してしまうことをおすすめします。

不動車を買取に出す際の一連の流れ

自宅に眠る不動車を処分する際には不動車の買取りに対応する専門会社があるので、まずはネットから検索をすることから始まります。
便利に利用できるサイトは中古車専用の一括査定サイトをあげることができ、サイトによっては不動車でも可能としている場合も多いので、情報を全て入力して名乗りをあげる会社からの査定額の提示を待つだけです。
通常は登録から翌日中には数社から査定額が提示されることが多く、利用者側はその額面を確認した上でお得な会社に出張査定を依頼する方法が一連の流れです。
出張査定は無料で行っており、自動車を確認しながら決着値となる査定が出されます。
利用者はその額面に納得できた際に、初めて契約を交わす方法になるので強制的な部分は一切ないことと、持ち出し金はゼロ円で済ませられることもメリットです。
一発査定サイトはネット環境さえあれば誰でもいつでも利用できますが、不動車となってもかなりの人気車種の場合はその価値を理解する会社に一括査定サイトとは別に依頼をする方法も効果的な流れです。

不動車を買取に出す際に必要な書類

買取店に不動車を売却する場合の必要書類は、多くが通常の売却時と一緒です。
車検証、自賠責保険証明書といった車内に保管されている重要書類のほか、自治体の窓口で取得した印鑑登録証明書や、運転免許証などの本人確認書類が必要になります。
自動車税の納税確認電子化に対応していない自治体に在住している場合は、自動車税の納税証明書も必要です。
もし、不動車を売却する時点で車検証に記載されている住所や氏名が現在のものと異なる場合は、変更の前後がわかる書類も提出しなければなりません。
住所に変更があった場合、変更回数が1回なら住民票の写し、2回以上なら住民票の除票か戸籍の附票を用意します。
結婚等で苗字が変わった場合は、戸籍謄本もしくは戸籍全部事項証明書を自治体の窓口で手に入れます。
窓口で手に入れる書類は発行手数料がかかるほか、窓口では本人確認書類の提示を求められるので、運転免許証をはじめとした身分証明書を持参して役場へ行きましょう。

不動車の買取額をアップさせるコツ|複数業者に査定を依頼する

自走できる車なら状態が多少悪くても中古車査定できるものもありますが、不動車の場合は廃車になります。
廃車は自動車を解体して永久抹消登録という手続きを行いますが、買取業者を利用すれば、これらの手間を省き買い取ってもらうことができます。
不動車の買取金額は、リサイクルできるパーツと鉄資源としての価値によって算出されます。目安として軽自動車は1万円~3万円が相場なんて言われていますが、業者によっては値段がつかないこともあるので一概ではありません。そのため、より高い買い取りを期待するなら複数社に査定を依頼するのがおすすめです。
ただし、ネットや電話で車の状態を簡潔に伝えただけで出した金額は概算になるので、正式な買い取りの金額にはなりません。
正確な額を比較したいのなら車の状態を目視で確認してもらったうえで金額を出してもらう必要があります。
また、中には0円以上での買い取りを保証している業者もあるので、そちらもチェックしてみましょう。

不動車の買取額をアップさせるコツ|プラス材料を積極的にアピールする

不動車でも買取りを行っている会社がありますが、通常ではエンジンが掛かり問題なく公道を走行できる車体の方が高い査定額になります。
ところが人気の車種の場合で本人しか分からないプラス材料があるとした場合、出張査定を依頼する前と現車を確認する際にも遠慮せずに積極的にアピールすることは査定を有利にすることも可能です。
例えば高額なディーラーのオプションパーツとしてバンパやサイドスカート、アンダースポイラーを装着している不動車、高額なカーナビゲーションと音響設備、高価なドライブレコーダーを取り付けている場合でもアピールする材料にすることができます。
他にも有名ブランドのアルミホイールを履かせていたり、タイヤも1流ブランドであればプラス材料にできる範囲です。
後は新車時のグレードが多い車種の場合、高いグレードしか装着できないエアロパーツやマフラーカッターなどが装備されている場合も当然ながらアピールすべき材料になります。

不動車の買取額をアップさせるコツ|可能な範囲でメンテナンスを実施しておく

不動車の価格は引き算と言われることもあり、平均的な相場価格から走行距離や経年劣化などが差し引かれて最終的な買取額が決まります。
その中には買取後に事業者が修理やクリーニングなどのメンテナンスして、転売するための経費もマイナス要因として含まれています。
そこで、不動車を売却する際には、可能な範囲でメンテナンスを実施しておくことがおすすめです。
損傷したパーツがあればできるだけ修復したり健全なものに取り換えるなどするのをはじめ、マナーの意味を含めてボディから社内までしっかりとクリーニングします。
バッテリーが損傷して液漏れを起こしている場合には綺麗にするまでに大変な手間がかかるため、自分でできるなら綺麗にして引き渡したいところです。
表面に細かな傷がある場合でも、丁寧にワックスをかければ目立たなくさせることも可能です。
これらをしっかりと実施しておけば好感度も上がり、修理やクリーニングの手間が省けるとなればプラス査定となり、少しでもお得な価格で不動車を売却することが可能です。

不動車買取時の注意点|レッカー費用の有無は必ずチェック!

不動車を買取に出す際は様々なポイントを確認しておく必要がありますが、レッカー費用の有無もその中のひとつです。
不動車は、文字通り動かない動かない車なので、運転して店舗まで運ぶことはできません。
そのため、レッカーで移動することになりますが、その際は運転スタッフの人件費やガソリン代などの費用が発生します。
どの程度の費用がかかるのかは、移動距離などによって変動しますが、一般的には1~3万円ほどの料金がかかります。
場合によっては、レッカー代により手元に入るお金がほとんどなくなってしまうケースもありますが、業者の中にはレッカー費用が無料のところも少なくありません。
レッカー代がかからなければ、買取金額を満額で受け取れるので、少しでも手元に入るお金を多くしたいのであれば、レッカー代が無料の業者を選びましょう。
ただし、中にはレッカー代を査定額から差し引いている業者も存在するので、完全に無料なのかどうかは査定の際にしっかりと確認しておくことが大切です。

不動車買取時の注意点|査定前に無理に動かそうとしない

事故や故障などの原因で動かすことが不可能となった車両を不動車といい、一般的には自動車としての価値が著しく低いものと考えられ、廃棄処分をする方法しかないものと思われている方も少なくありません。
しかしながら、専門的に買取を行っている会社に依頼をすると適正な査定額が提示されることもあります。
そのため、まずは連絡を行って現地に出張査定をしてもらいに来ることを検討してみてください。
査定時に注意をしておきたいこととして、査定前に不動車を無理に動かそうとしないことが挙げられます。
何らかの原因で動かなくなっている状態であることから、その要因はどこにあるのかを見極めることも査定会社の重要な作業となります。
無理に動かすと、正常だった部分にも影響を与えることもあり、査定額が下がってしまうおそれもあります。
また不動車を動かした場合に、傷が増えたりボディやサスペンションなどを傷めたりすることも考えられますから、買取査定前には不動車はそのままの状態にしておくことがベストです。

不動車買取時の注意点|売却した車の処理方法を確認しておく

不動車は自分で廃車手続きをするより、廃車買取業者に買い取ってもらう方が増えています。
ただし、中には悪質な業者も存在するため、トラブルを避けるために買い取り後の処理方法を確認しておくことも大切です。
不動車買取における悪質なトラブルは、取り引きが成立したにもかかわらず業者が一切の廃車手続きを行っていないということです。
手続きが完了していない場合、車籍は残ったままなので自動車税金を納付しなくてはならなくなるでしょう。
税金の納付をカード払いにしてる方は、気づかないまま使用していない車の税金を負担し続ける可能性もあります。
こうしたトラブルを避けるために信頼できる業者を利用することが重要になってきます。
廃車の手続きや解体を自社で行っている業者なら、手続きを先延ばしにされる可能性は低いでしょう。
また、自社で解体を可能と謳っている業者でも、管轄の自治体から自動車解体業の許可を受けていない業者は利用してはいけません。

不動車買取時の注意点|査定時に嘘をつかない

不動車であっても問題なく買取りを実施している会社はあり、ネットから調べる方法であれば沢山の会社のホームページを確認できたり一括査定サイトも確認できます。
どのような方法で査定を依頼したとしても、不動車に対しての情報に関しては嘘をつかないことは決まり事です。
例えば修復歴がないという不動車でも、実際にはドア1枚を板金塗装を行っている場合、過去にエアロパーツをビス留め取り付けていて、ノーマルに戻す際に穴の部分を自らパテや塗料を使って隠していることも該当します。
純正とは見分けが付きにくいサスペンションやショックを交換している場合でも、嘘をついて全てがノーマルと主張しても後から発覚した場合では、問題視されトラブルが発生してしまい、返金を余儀なくされる可能性も十分にあるので嘘をつかないことは大前提です。
エンジンルーム内でも小まめなオイル交換していると主張したり、バッテリーが新品と嘘をついても専門会社の査定スタッフは直ぐに見抜いてしまう範囲なので、穏やかに双方がメリットを感じる買取りにしたい場合は信用度は重要なポイントではないでしょうか。

不動車を買取に出した際の還付金について

不動車を買取に出しても、中古車として利用され続けると税金は還付されません。
廃車になったときのみ、還付金が発生します。
まず自動車税です。
自動車税は車の排気量によって税金が異なり、1年分前払いします。
その1年間の途中で車を下取りに出し廃車となると、所有しない期間の税金が月割で還付されるのです。
また新車購入時や車検時に自動車の重量に応じて課税される自動車重量税も、廃車になると還付される可能性があります。
自動車重量税は前払い制で、新車購入時は3年分、車検ごとに2年分支払っているので、この期間内の税金が返ってくるのです。
ただし条件が厳しく、不動車を解体して二度と走行させることがない永久抹消登録という手続きが完了しないと還付されません。
そして、取得価格が50万円以上になる自動車を購入する際に課せられる自動車取得税がありますが、こちらは還付金の対象ではありません。
他にも税金ではありませんが、自動車の廃棄費用を購入時にあらかじめ支払うリサイクル預託金も廃車時に還付されます。

自分以外が名義人の不動車は買取に出せる?

事故や災害にあって不動車になったしまったとき、廃車にするのが一般的です。
廃車をするときに買い取りを利用することがありますが、売却を考えた時に初めて自動車の所有者が他人になっていたということに気づく方もいるでしょう。
家族や知人から譲り受けた車だった、カーローンで購入した車だった場合は名義が他者になっている可能性があります。
他人名義の場合、名義人の許可を取るか名義変更をするかをしない限り勝手に売却することはできません。
名義が家族や知人など個人の場合は、所有者の印鑑登録証明書、実印、譲渡証明書が必要になります。
軽自動車の場合は申請依頼書と認印があれば手続きはできます。
名義がローン会社など法人の場合は原則としてローンの返済を完了する必要があります。
完済していれば所有権解除書類を発行してもらえます。
難しくてよくわからない場合は不動車買取業者に相談してみましょう。
手続きの流れを教えてくれますし、ローン残債務があれば買取額から引く形で返済を行い手続きを完了くれることもあります。

不動車買取でのトラブルを回避する方法

相場より安い価格で不動車を引き取る、買取後に不当な方法で不動車の廃棄をする悪質な買取業者も増えています。
悪質な業者に共通する大きな特徴の一つに、過剰な問題点の指摘があります。
違法な営業を行っている業者は、利益を上げるために必要以上に難癖を付けて査定額を下げようとするのが特徴です。
依頼者の中には、専門業者が言っていることだから間違いないと思い込んでいる人も少なくありません。
業者の話に疑いを持たなかったことで上手く丸め込まれてしまう事例はたくさんあります。
プラスになる話をせずに、問題点ばかり指摘する場合は疑わなくてはいけません。
諦めの悪さも悪質な業者に共通するポイントの一つです。
見積もりと契約はセットではないので、依頼者には提示された金額に納得が行かなければ断る権利があります。
こちらが断っても引き下がらずに強引に契約を迫る場合は注意が必要です。
毅然とした態度で断る自信がない人は、1人で対応をしないで誰かを呼んでおくとトラブルを回避できます。

不動車の買取を利用する際には様々な落とし穴があることに注意

最近では、様々な理由により動かなくなってしまった不動車を積極的に買い取る業者も増えています。
従来はこのような車は廃車にするしかなく、自分自身で解体等の書類をお金を支払って行わなければならなかったことに比べると、安い金額でも買取を行ってもらえる業者は非常にありがたいものとなる印象があります。
手続きなども行ってもらえるケースが多いので、忙しい場合には特に積極的に利用したいと言う人が少なくありません。
しかし特に近年では不動車は宝の山と言われることも多く、特に海外では様々な部品を高額で販売することができるため、業者は高い利益率でこれらを得ることができるのがポイントです。
中には高額で取引されているにもかかわらず、不動車だからと言う理由で非常に安い買取金額が提示されてしまうこともあるため注意が必要です。
このような悪質業者の落とし穴に引っかからないようにするためには、様々なところから相場を確認しておくことが良い方法となります。

不動車を買取してもらうときの流れと注意点

不動車を買取してもらうときは、流れと注意点を把握しておくと効率的かつ損をすることなく買取を進めることができます。
まず、不動車を買い取ってくれる会社に見積もりを依頼します。
見積もりは複数の会社に一括申し込みをすると便利です。
そのなかから一社を選び、申し込みをすると営業担当の社員が日程を調整して実車の査定を行ってくれます。
その査定額に納得できれば正式に契約し、引き取りの日程を決めることになります。
当日までに車検証や自賠責保険証明書、印鑑登録証明書といった必要書類を準備しておきましょう。
そして、当日に書類を渡して車を持っていってもらうという流れになります。
後日、合意した金額が銀行口座に振り込まれます。
注意点としては、見積もりや査定、引き取り時に費用を請求されないよう確認しておくことが挙げられます。
不動車の取引ではこういった作業は無料で行ってくれることがほとんどですが、なかには作業が終わってから費用を請求する会社もあるため事前に確認することが大切です。

お得に不動車の買取をするなら業者選択が重要

不動車はエンジンや駆動系などに何らかの問題があり、正常に走行することが不可能な状態にある車両を指します。
修理をすれば十分リカバリー可能なケースもあれば、修理不可能でスクラップにするしか道が無いケースもあります。
そんな不動車をお得に売却したいなら、業者選択が重要な鍵を握っています。
どんな業者でも買取は可能ですが、お得な価格となると業者のシステムによって大きな違いがあります。
通常の中古車取扱店の場合、安値で買い叩かれてしまう可能性があるばかりか、場合によっては引取り手数料を請求される場合もあります。
一方、不動車の買取専門店の場合は、独自の販売ルートを豊富に持っているのに加えて、自社工場を保有している場合には自社で修理が可能なことから、不動車をよみがえらせたり、修理用パーツとして活用できる手段を持っていることから、高額査定が期待できます。
その業者がどんな形態であるのかを的確に見極めて業者選択を行い、お得に売却益を手にしたいところです。

不動車っを買取するときの流れと注意点について知る

自動車を手放す方法では、買取を利用するケースが多くなっています。
下取りよりも良い価格がつく傾向にありますが、やはり高値がつくのは人気の車種や、状態の良い車です。
かなり古いものや、故障や事故などですでに動かなくなってしまったものは値段がつかない可能性もあります。
とはいえ、不動車の場合も整備や修理をすることで走行できる状態に戻せる可能性もありますし、走行は難しくても部品の再利用したり、資源として再活用できることもあります。
不動車を売る場合は、不動車や事故車を専門に扱っているサービスを選ぶことをおすすめします。
実際に売却する前には、流れと注意点も知っておきましょう。
流れとしては、まずは電話やオンラインフォームで連絡をし、査定の依頼をします。
車が動かなくても、出張で対応してくれるので安心です。
現地調査では、車の状態や外観、走行距離などを確認し査定額が提示されます。
査定額に納得できた場合は売買契約へと進みます。
注意点としては、査定額は買取店ごとに違いがあることがあげられます。
少しでも高く売るなら複数社で査定をし、比較してみると良いでしょう。
信頼性の高い業者であることも大事ですので、依頼前には評判や実績もよく確認しておきましょう。
引き渡しの際の手続きが適正に行われているかどうかも確かめておきたいところです。

買取業者に不動車を放置せずに売却することが出来る

動かなくなった車を売ることなんか出来ないと感じる人は少なくないことでしょう。
不動車ですから、価値は全く感じられません。
しかし、だからと言って一円も価値がないとは言えません。
なぜなら、車の内部にはリサイクルが可能な金属が数多くあるからです。
資源が限られている日本においては、そのような金属を取り出してリサイクルすることは非常に重要です。
また、車種によりますが全体としては価値が無くてもパーツとして需要がある場合があります。
特にアフリカなど古い車を修理して乗り続ける場合、修理できるかどうかが大切になります。
人気の車種であるならパーツが多くあるので長く乗ることが可能になるのです。
そのようなわけで不動車を放置せずに売却することが大事なのです。
値段がつかないこともありますが、そのような場合でも買取業者が無料で引き取ってくれる場合もあります。
そうなると処分代がかかりませんのでそれだけでもメリットがあります。

不動車買取に関する情報サイト
不動車買取サイトへGO

不動車の買取は1つの業者だけで判断をするのではなく、最低でも3社程度から見積もりを取って比較検討することが基本です。大半の車は自走不能のため、契約後に業者がレッカー車などで移動させなくてはいけません。査定額が高くてもレッカー車の移動費用などを差し引かれると最終的に手元に入る金額が少なくなります。定期的に行われるキャンペーン期間中のタイミングやアフターサービスが充実した所を選ぶことも大事なポイントです。

Search

更新情報